2008年06月25日

テレビゲームでするサッカー

テレビゲームでするサッカーってとても盛り上がるゲームですね。サッカーテレビゲームは、Jリーグ開幕やらワールドカップのおかげで、その都度多くのソフトが作成され、今も圧倒的な人気を誇るゲームソフトです。さらに最近ではサッカーを知らない方でも基本的ルールなどをマスターしながらプレイすることが可能なモードがついているものも多くなっています。

最近のサッカーゲームの傾向としては、自分でサッカーチームを作ったり、監督、オーナーになれるシミュレーション的要素と、実際に自分が試合をするアクション的要素の二つを含んだゲームが増えてきています。シミュレーション的要素では自分が監督になり選手を取得(移籍)していったり、フォーメーションを設定したりしてチームを育成したり、さらにクラブのオーナーになり運営できたりするのです。

クラブを運営したりするシュミレーション的な部分も良いが、やはり実際にやってみておもしろいのは、アクションです。ナショナルチームやクラブチームなどの選手が実名で登場したり、ゲームする毎にポイントが貰え、新たに選手を取得、あるいは監督の能力を上げる事ができるオプションがあったりして楽しい機能を搭載したゲームが出てきています。さらにゲームの設定も昔に比べてかなり緻密になってきていて、ボディバランス、スタミナ、スピード、レスポンス、ボールコントロール、シュート力などの細かい能力設定がなされており、チーム構成によって様々なバリエーションが楽しめます。

ワールドカップや代表戦などの度に人気が上がっているサッカーだが、今後もいろいろなバリエーションができてくるでしょう。例えば全国高校サッカー、サッカーワールドカップ、キャプテン翼に代表されるアニメサッカー、スペインサッカー「リーガエスパニョーラ」、イタリア「セリエA」、イギリスサッカー「プレミアリーグ」、ドイツ「ブンデスリーガ」などの海外サッカーなど、さらに埼玉、東京、神奈川、静岡など地域限定のゲームが出てきてもおかしくないですね。

posted by olzatugaku at 13:34| 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

DVDをコピーする方法

DVDをコピーする方法は、マルチメディア化により扱うデータが大きくなっている昨今では、必ずと言っていいほど必要な知識です。しかし、コピーするにはソフトや機器が必要などわかりにくいことが多く、手を出しにくいと思っている方が多いと思います。しかし、思っている以上にDVDのコピー方法は簡単でお手軽にできるものなのです。

まず最初にDVDをコピーするのに必要な機器について説明します。必ず必要なものはDVDドライブが搭載されているPCです。DVDドライブは、いろいろな規格がありますが最近はマルチドライブが主流となっています。また、OSはWindows20000以降を推奨いたします。

つぎに、DVDコピー方法の手順は@元DVDからデータをPCのハードディスクへコピーをします。AコピーしたデータをPC内で加工(主に書込み先のDVDの容量へ調整など)をします。B加工後のデータを新DVDへ書き込みをします。それぞれ無料ソフトを使用し、@では”DVD Decrypter” Aでは、”DVD Shrink” Bでは”ImgBurn” でソフト名で検索し入手先を調べてみてください。

いままでの説明の通りDVDのコピーは、簡単にできます。しかし、安易にレンタルDVDなどをコピーすると著作権法違反となります。これは、犯罪ですのでコピーの範囲は自分が撮りためた動画や画像のコピーに限定しますよう注意願います。

posted by olzatugaku at 18:05| 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

パソコンのバックアップ

パソコンのバックアップは、定期的に行っていますか?突然のハードディスクの故障やウイルスによってファイルが削除された、パソコンが起動しなくなったなどのトラブル時にバックアップデータが役に立ちます。バックアップした時点までの状態に戻すことができるからです。

バックアップの方法には、システムごと(ハードディスクをまるごと)バックアップする方法と自分で作った個人データだけをバックアップする2種類の方法があります。システムは簡単に戻せるものなので、重要なのがデータのほうです。

個人的なデータとは、文書データ(ワードやエクセルデータ)や画像や動画データなどのことです。また、インターネットを使っている人は、ブラウザのお気に入りとか、メールやアドレス帳も消えると困りますよね?もちろんこれらも簡単にバックアップすることができます。

最後に、バックアップするデータはどこに保存すればよいのかということで、データ量にもよりますが、外部メディア(CD、DVD、MO)などがお勧めです。別のハードディスドライブや外付けでも良いのですが、ハードディスクは意外と壊れやすいというリスクがあります。

posted by olzatugaku at 17:36| 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

スパイウェアとは

スパイウェアとは、パソコン内部からインターネットに接続し特定の相手に対して情報を送り出すソフトウェアの総称です。本人の知らない間に個人情報(メルアド、名前など)やWeb上で使用する秘密情報(ID、パスワード等)を収集されてしまいます。

ウイルスと何が違うのか?ユーザに知られないように活動しているスパイウェアは、ウイルスの特徴の一つである自己増殖機能を持っていません。またウイルスのように破壊活動を行うのではなく、個人情報や金銭の盗難などを目的にしているのも異なるところです。

ユーザの操作とは関係なく動作するスパイウェアは、インターネットを閲覧しようとブラウザーを開いたら特定のサイト(アダルトサイトなど)に強制的に飛んだりするブラウザハイジャックや、勝手にプログラムをダウンロードしてくるダウンローダーなどがあります。

スパイウェアに対処する最も確実な方法は、スパイウェアのインストールを許さないことです。常駐型のスパイウェア対策ソフトを利用することをお勧めします。また、インストールされてしまったスパイウェアを安全で確実に除去するのにも役立ちます。

posted by olzatugaku at 11:21| 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

オンラインゲームとは

ネットワークを利用したゲームのことをオンラインゲーム(Online game)と呼ぶ。しかし一言でネットワークと言っても遊び方は様々でジャンルも多様。基本的な無料なものが多い。RPGゲームからアクション、思考性が問われるもの、仮想空間で人との交流を楽しむものなどがある。最近注目度が高いのは、仮想空間を第二の世界として楽しむオンラインゲームだ。

そんな中、オンラインゲームの概念を超えた大本命が日本にも上陸した。それが『セカンドライフ』だ。米国のリンデンラボ社が運営する『セカンドライフ』には、従来のゲームのような決まったシナリオはなく参加者はみんな、アバターを活用して自己表現を行う。第二の仮想世界で、土地を買い、ビルを建ててオフィスを作り上げたり、お互いが3Dコンテンツ販売のビジネスも行える。いわば参加者全体によってシナリオが作られる仮想世界なのだ。

『セカンドライフ』には、リアル世界で名の知られた企業も続々と進出している。全世界で既に百数十万人の参加者が居るが、参加者は今後も益々増加する見通しである。各企業は商品やサービスの販売のためのプロモーションに「セカンドライフ」を利用しようとしているのだ。オンラインゲーム世界における広告料は2005年の1.86億ドルから2008年には8.75億ドルに伸びると米国では予測されている。もしかしたら21世紀の消費世界を変えるのかという期待まで『セカンドライフ』にはあるようなのだ。

しかし、『セカンドライフ』のようなオンラインゲームには、依存症の心配もある。ネットゲーム依存症となると、学校・仕事を辞め外出もせず、睡眠もほとんど取らずにプレイに熱中してしまう。オンラインゲームのヘビー・ユーザーの中には、「現実世界は出稼ぎ、ネット社会が現実」と発言する人も居るくらいだ。俗にネットでは「廃人」と呼ばれる人達である。日本や米国だけでなく、ロシア・韓国・中国などでもネットゲーム依存症が社会問題となりつつある。ちなみにタイや中国では法によりプレイ時間が規制されている程である。

posted by olzatugaku at 12:21| 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。