2008年06月01日

ゴヤール(GOYARD)の人気バッグ

ゴヤール(GOYARD)はフランスのファッションブランドメーカーで、3つの杉綾がYのイニシャルをかたどった樹木を意味するロゴマークで有名です。ゴヤール(GOYARD)の最大の特徴はトワル・ゴヤールと呼ばれるリネン、コットン、麻を織り上げて天然アラビアゴムで加工した耐久性と防水性に優れた独自のキャンパス地とヘリンボーン柄です。

バッグには非常に幅広い種類のものがラインナップされており、トランク、ボストンバッグ、ショルダーバッグ、トートバッグ、ブリーフケースなどがゴヤール(GOYARD)の代表的な商品です。また長財布、コインケース、名刺入れ、手帖、カードケースなどの小物もあります。ゴヤール(GOYARD)が人気になった大きな理由の一つは、スペシャルオーダーという自分だけの紋章やイニシャルやラインなどを入れるサービスでしょう。

創業当時から世界中貴族や有名人に広くゴヤール(GOYARD)は、ウィンザー公夫妻、グレゴリー・ペック、アーサー・コナン・ドイルをはじめとして、近年ではマドンナやカール・ラガーフェルドらが愛用していることでも有名です。日本では2003年に新宿伊勢丹を皮切りに、ラブレス、高島屋にブティックがオープンして人気が急速に高まってきました。

ゴヤール(GOYARD)はオリジナルのデザインを忠実に守り、高品質を保てる範囲の規模にこだわり続けてきたブランドです。そのこだわりを支えている最高の技術を持った職人の手でエレガントさと機能性を両立させ、世界中の本物を愛する人たちの支持を得ています。

posted by olzatugaku at 19:29| ファッション・ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。