2008年05月26日

幼児教育について

幼児教育が盛んな昨今ですが、幼児教育で求めるものは何でしょうか。大切なことは「知恵のある、情緒豊かな子」を育てることです。この知恵とは、考えたり、工夫したりして何かを創りだす力のことです。

脳の発達から幼児教育を見ると、胎児のころから急成長する脳は、良い刺激を受けることで、神経細胞に刺激を伝達するシナプスという回路を張りめぐらすことになります。このシナプスの発達を促す刺激を与えることが幼児教育です。

ですから、幼児教育を始める年齢はどんどんエスカレートしてきて、すごいところでは生まれる前の胎教から始まっているという幼児教育法もあります。なぜかと言うとお腹の中でも外的刺激によってシナプスが増えるからという説が根拠となっているからです。

大切なのは、幼児教育をして何をめざすかということです。子どもは何でも吸収しますから、早くから始めると字や計算だってできる子どもはいます。しかし自立して生きていく力を育てる手助けをするのが本来の親の役目です。
posted by olzatugaku at 15:42| 育児・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。