2008年06月20日

DVDをコピーする方法

DVDをコピーする方法は、マルチメディア化により扱うデータが大きくなっている昨今では、必ずと言っていいほど必要な知識です。しかし、コピーするにはソフトや機器が必要などわかりにくいことが多く、手を出しにくいと思っている方が多いと思います。しかし、思っている以上にDVDのコピー方法は簡単でお手軽にできるものなのです。

まず最初にDVDをコピーするのに必要な機器について説明します。必ず必要なものはDVDドライブが搭載されているPCです。DVDドライブは、いろいろな規格がありますが最近はマルチドライブが主流となっています。また、OSはWindows20000以降を推奨いたします。

つぎに、DVDコピー方法の手順は@元DVDからデータをPCのハードディスクへコピーをします。AコピーしたデータをPC内で加工(主に書込み先のDVDの容量へ調整など)をします。B加工後のデータを新DVDへ書き込みをします。それぞれ無料ソフトを使用し、@では”DVD Decrypter” Aでは、”DVD Shrink” Bでは”ImgBurn” でソフト名で検索し入手先を調べてみてください。

いままでの説明の通りDVDのコピーは、簡単にできます。しかし、安易にレンタルDVDなどをコピーすると著作権法違反となります。これは、犯罪ですのでコピーの範囲は自分が撮りためた動画や画像のコピーに限定しますよう注意願います。

posted by olzatugaku at 18:05| 趣味・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。