2008年06月12日

産業カウンセラーとは

産業カウンセラーは高度成長期の日本で1960年に生まれた、社団法人日本産業カウンセラー協会が定めた、同協会で認定、育成している資格です。産業カウンセラーの主な業務は働く人たちが抱える問題を心理学的手法を用いて、自らの力で解決できるように援助することにあります。

最近のカウンセリングは企業内外でも通用する職業能力の開発の援助を行う、キャリア・コンサルタントや職場における人間関係開発として個人の成長を促す人間関係育成のためのコミュニケーションスキル、自己開示などを指導・援助したりと、その活動の領域は広がりつつあります。

実際にカウンセリングを受けるには「働く人の悩みホットライン」(TEL:03-5369-2275)にお電話してください。また産業カウンセラーの資格を得る為には、全国44ヵ所の会場で行われている169時間の養成講座を約7ヶ月受講して試験に合格する必要があります。受講料は全国一律199,500円(消費税込)で、通信講座も開設しています。

毎年、約3000人の方が産業カウンセラーとして誕生し、ほとんどの方が日本産業カウンセラー協会に会員登録をして活躍しています。また協会では産業カウンセラーとしての就職も斡旋していますが、現在の所、収入面で職業として成立している方はごく一部のようです。しかし今後の需要が見込める職業でもあります。

posted by olzatugaku at 09:59| ダイエット・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。